ファンダメンタルズの基礎~政策金利と為替レートの関係~

2015年1月17日 Posted by admin

ファンダメンタルズにおいて各国の金融政策として行われる“政策金利の調整”は、重要視すべきポイントのひとつです。
例えば景気が過熱しすぎの傾向がみられた場合、国の対策として金利を引き上げて景気を冷まそうとします。
また逆に景気が後退すれば金利を引き下げて、失速を抑えようとします。
これがいわゆる政策金利の調整です。
ちなみに2015年9月の段階では日本や米国、英国、スイスが低金利政策を、そして豪州やニュージーランド、南アフリカが高金利政策を実施しています。
中でも注目して欲しいのはトルコリラ円!
※政策金利→トルコの場合
詳しくはこちらが参考になります。

安定的な高金利政策を行っている通貨として、多くのトレーダーたちから注目されています。
また2015年2月の段階ではトルコリラ/円が約53円と他の通貨に比べても安価なので、少ない保証金からでも始められると上級者だけでなく初心者にも人気があるのです。

さて話は戻りますが、政策金利と為替レートには相関性があります。
政策金利は為替レートに影響を及ぼしているので、国の対策を知ることでファンダメンタルズもしやすくなります。
何も知識を身につけず勘だけを頼りにfxをやっても、長続きすることはないでしょう。
まずは政策金利と為替レートの関係性を理解することがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>